• 経営企画室
  • 新商品開発室
  • ソリューション事業
  • ジュランジェ事業
  • 製品情報

engineer

庄子 信行

2013年 中途入社
新商品開発室
仕事を通してスキルを身につけ、
更なるチャレンジに挑戦したい。

社員同士の距離が極めて近く、
良い意味で「トップに物申せる」会社

一般的な企業では一般社員の相談は課長に、課長は部長に、部長はまたその上にと伝達は階段式に行われますが、匠ソリューションズは目的がハッキリしていれば、相手が社長であっても製品の意見を直接伺ったり相談することができる会社です。
このため、他社よりも物事の決定スピードが速く、問題が発生しても社員は早期に軌道修正して業務に取り組む事ができます。
また自分は新商品開発室というポジションに就かせて頂いたおかげで、主となる基板回路設計の他、半導体のLSI(集積回路)の設計開発や検証業務にも挑んだり、市場製品のマーケティングを行いヒットの法則を考えたり、地元の大学や施設と連携を図らせて頂き意見交換を行ったり…ありとあらゆる業務にチャレンジできています。ものをつくるだけでなく、その枠を超えてなんでもござれの活動をしています。

「進化」することを常に考え、
チャレンジが常にできる環境でスキルアップ

「毎日進化すること」「おじけづかないこと」をいつも自分に言い聞かせています。
人は大きな壁にぶつかったときに“できない理由”を考えがちですが、この会社は「じゃあ、どうやったらできるのか」というスタンスを大事にしており、できる方法を突き詰めることで目標を実現しています。
また、経験の無い技術に挑もうとすると人は足がすくみ躊躇しがちですが、この会社では「悩んでいる時間は仕事ではない。間違っていてもいいから自分の考えをぶつけて相談し、前に進んでほしい」と求めてくれます。
これらは自分自身の姿勢にも応用できることで、「昨日の自分はダメだった。じゃあどうやったら今日はうまくいくか」「考えた意見は間違っているかもしれないが、相談してすぐに前進しよう」と毎日考えることで、日々成長できています。

企業理念「面白れぇ事やろうぜ!」を
日本へ、世界へ届けたい

匠ソリューションズが掲げるスローガン「面白れぇ事やろうぜ!」を体現できるよう、社員の誰も身につけていないスキルを習得し、新商品開発室に就かせて頂いた事を最大限に活かし、匠ソリューションズから日本を、世界を面白いと思わせるものをつくり、世に残したいです。
また社内で行われた「面白れぇ活動募集アンケート」の中に、なんと私の夢である「ロボットコンテスト出場」がノミネートされていました。ぜひ実現させたいです!

1日のスケジュール

9:00

出社

10:00

新商品開発室MTG

新商品の考案について社長と直接議論します。
   

12:00

ランチ

冷蔵庫&電子レンジ完備!
お弁当も熱々で食べられます。
   

14:00

実機検証

開発中の商品の評価を行います。
   
   

17:00

デスク作業

プロジェクトの進捗確認や筺体設計、資料作成など、
マルチに業務を行います。
   

19:00

退社

妻と3人の子どもが「おかえり」と迎えてくれた時が幸せです。
   
ページトップへ