デジタルアシストADコンバータ
デジタルアシストADコンバータの概要

■デジタルアシストADコンバータ
  −高速情報処理、小型化、省電力、高信頼性を
     兼ね備えたADコンバータ
■従来技術
  −パイプライン方式
     高速動作、大型、高消費電力、微細化困難、自己診断不可
  −逐次比較(SAR)方式
     低速動作、小型、低消費電力、微細化容易、自己診断不可
■当社のシーズ
  −アナログ回路高速化技術、アナログ特性補正技術
  −アナログ回路自己診断(BIST)技術
■タイムインタリーブ&デジタルアシスト技術
  −逐次比較方式 の小型・省電力という特長を生かし
     複数個並列動作させる事で情報処理の高速化を図り、
     デジタル回路でアナログ特性を解析・補正する技術開発
■スペック
  −サンプリング周波数:200[MSPS]以上
  −消費電力:10[mW]以下
  −面積:5[mm2]以下(65nmプロセス時)
  −Gain,Offsetのミスマッチ:1[LSB]以下
  −Phase Skew:10[psec]以下
  −キャリブレーション時間: 2[msec]以下
  −デジタル補正回路ゲート規模:約8万[gate](FFT 4096pt時)

複数個を並列動作
デジタルアシストADコンバータの原理図
デジタルアシストADコンバータの原理図

※画像をクリックすると拡大します。

デジタルアシストADコンバータの位置付け
デジタルアシストADコンバータの原理図
名称 メリット デメリット 用途
Flash型 高速 大型、精度が悪い 高速測定器
Pipeline型 高速 大型、消費電力大 映像、通信
逐次比較(SAR型) 小型、省電力 低速 マイコン
Sigma-Delta型 高精度 低速 音声処理、計測、通信
Async型 小型、省電力、高速 精度が悪い 研究段階
Time Interleave型 小型、省電力、高速 精度が悪い 研究段階
センサーシステム

ADコンバータ、CPU、 ファームウェアをパッケージ化したシステム。
製品への導入が容易。高信頼性、高品質、低コストを実現。

デジタルアシストADコンバータの原理図

※画像をクリックすると拡大します。

採用情報
電話問合せ:022-342-1888
資料請求・お問い合わせ
パートナー
cadence synopsys
参加団体
みやぎ組込み産業協議会マシンビジョン研究会
   
   
匠ソリューションズ株式会社 〒980-6019 仙台市青葉区中央4-6-1 住友生命仙台中央ビル 19階 TEL 022-342-1888
This Site designed by Megasite.